2018年05月21日

新人さん、いらっしゃ~い♪ヽ(´▽`)/

さあ!
今日からは本格的に第九のレッスンです♪

なのにいきなり最後の『Presto』てどゆ事~(;^_^A

ここは、音楽も最高潮に盛り上がり、エンディングに向かう所です
ヒーローものなら、ナンチャラ光線を怪獣に浴びせるとか
水戸黄門なら助さんが引導を見せるクライマックスシーンです

このように、練習だと順番通りにはやりません
先生のお考えがあり、ここ、だったのでしょう

そんなクライマックスシーンを敢えて歌わせて、先生はこんな話をしてくださいました

「曲というのはオペラでもそうだけど、一幕、二幕・・・四幕と、キーの低いところから始まって、徐々に体が温まってきて、最後に高いキーになるんだよ。曲を作る人は考えて作っているんだよ」

おお~(@ ̄□ ̄@;)!!なるほど!

物語で言ったら起承転結
街を破壊しない怪獣を、ナンチャラマンはいきなりやっつけないし
先に引導見せたら悪人は悪さなんかしない

物語も歌も、ドラマが無くては面白くない
そういう事なんですね(*^^*)

第九を歌う会は今日から『起』
新人さんが2名来てくれました
これからどんな物語が始まるのか楽しみです♪
  


Posted by ぴよ美 at 22:26Comments(0)練習

2018年05月21日

コンサート風景

ゲネプロ(通し稽古)の様子です
  


Posted by ぴよ美 at 09:43Comments(0)練習コンサート