2018年05月22日

声の出る仕組み


※朝日新聞(ののちゃんのDo科学)出典


いよいよ第九本番に向けての練習が始まりました。
本格的な練習が始まる前のこの時期、『声』の
仕組みについて先生から簡単な説明を受けました。

声は、声帯を揺らす事で出ますが、美しい声を
出す為には、声帯をピーンと引っ張る必要があ
ります。
声帯も体の一部、筋肉です
声帯を引っ張る為には、声帯より上(首から上)はより上に、声帯より下(首から下)はより下に引つ張らなければなりません

(; ̄ー ̄A

考えると難しいですね
テレビなどで合唱コンクールの様子をたまに見掛けると思いますが、皆さん大きく目を見開いています
あれです

下は画面では分かりませんが、お腹を張ります。
個人的なイメージでは、ズボンのホックを弾き飛ばす感じ?

声を出す時は、いつもこれを意識して出すようにしましょう♪

【カストラートとは】
変声期前に去勢された男性歌手。その為、広い声域と男性特有の張りのある歌声になる。現在は倫理的な問題で人為的なカストラートはいない


同じカテゴリー(練習)の記事画像
コンサート風景
年間費概要
舞台
合宿
教本
活動内容
同じカテゴリー(練習)の記事
 新人さん、いらっしゃ~い♪ヽ(´▽`)/ (2018-05-21 22:26)
 コンサート風景 (2018-05-21 09:43)
 リハーサル (2018-05-19 11:17)
 ひよこボイス (2018-05-15 11:19)
 贅沢な一時 (2018-05-14 22:32)
 リハのリハ (2018-05-07 23:44)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
声の出る仕組み
    コメント(0)