2018年05月22日

声の出る仕組み


※朝日新聞(ののちゃんのDo科学)出典


いよいよ第九本番に向けての練習が始まりました。
本格的な練習が始まる前のこの時期、『声』の
仕組みについて先生から簡単な説明を受けました。

声は、声帯を揺らす事で出ますが、美しい声を
出す為には、声帯をピーンと引っ張る必要があ
ります。
声帯も体の一部、筋肉です
声帯を引っ張る為には、声帯より上(首から上)はより上に、声帯より下(首から下)はより下に引つ張らなければなりません

(; ̄ー ̄A

考えると難しいですね
テレビなどで合唱コンクールの様子をたまに見掛けると思いますが、皆さん大きく目を見開いています
あれです

下は画面では分かりませんが、お腹を張ります。
個人的なイメージでは、ズボンのホックを弾き飛ばす感じ?

声を出す時は、いつもこれを意識して出すようにしましょう♪

【カストラートとは】
変声期前に去勢された男性歌手。その為、広い声域と男性特有の張りのある歌声になる。現在は倫理的な問題で人為的なカストラートはいない  


Posted by ぴよ美 at 09:23Comments(0)練習

2018年05月21日

新人さん、いらっしゃ~い♪ヽ(´▽`)/

さあ!
今日からは本格的に第九のレッスンです♪

なのにいきなり最後の『Presto』てどゆ事~(;^_^A

ここは、音楽も最高潮に盛り上がり、エンディングに向かう所です
ヒーローものなら、ナンチャラ光線を怪獣に浴びせるとか
水戸黄門なら助さんが引導を見せるクライマックスシーンです

このように、練習だと順番通りにはやりません
先生のお考えがあり、ここ、だったのでしょう

そんなクライマックスシーンを敢えて歌わせて、先生はこんな話をしてくださいました

「曲というのはオペラでもそうだけど、一幕、二幕・・・四幕と、キーの低いところから始まって、徐々に体が温まってきて、最後に高いキーになるんだよ。曲を作る人は考えて作っているんだよ」

おお~(@ ̄□ ̄@;)!!なるほど!

物語で言ったら起承転結
街を破壊しない怪獣を、ナンチャラマンはいきなりやっつけないし
先に引導見せたら悪人は悪さなんかしない

物語も歌も、ドラマが無くては面白くない
そういう事なんですね(*^^*)

第九を歌う会は今日から『起』
新人さんが2名来てくれました
これからどんな物語が始まるのか楽しみです♪
  


Posted by ぴよ美 at 22:26Comments(0)練習

2018年05月21日

コンサート風景

ゲネプロ(通し稽古)の様子です
  


Posted by ぴよ美 at 09:43Comments(0)練習コンサート

2018年05月19日

リハーサル

いよいよ明日はスプリングコンサートです!
その為本日は、18:00から舞台設営や、プログラムに他団体の公演チラシの折り込みをします

舞台設営は主に男性、チラシ折り込みは主に女性が中心となって行います

チラシ折り込み作業は、私が入会した頃は特に責任者がおらず、何かダラダラやっていた印象でした

今では工程を決めて作業するようになり、会員も要領をつかんできたので、作業がとても早くなりました
皆さんとても優秀です(*^^*)

リハーサルでは、本番さながらの通し稽古を予定しています
ドキドキワクワク((o(^∇^)o))  


Posted by ぴよ美 at 11:17Comments(0)練習連絡事項

2018年05月15日

ひよこボイス

我々は、ソプラノ、アルト、テナー、バスの4パートからなる合唱団です
本番が近付く今は合唱メインになりますが、初期段階ではパート毎の練習に分かれて、音取りの練習をします

その為、2時間の練習時間の4分の1しか声を出していません

その間指導者は、ピアノを弾き続け、立ちっぱなしで指導してくださいます

夕べは指導者の合わせ練習がありましたが、2時間のレッスン後に自分達の練習もする
プロフェッショナルです

私は素人なので指導は出来ませんが、家事をしながら、運転しながら、気付くと歌を歌っています

声帯は筋肉です
声というのは、使えば使うほど若さを保てます
「年を取って声が低くなった」
とよく言いますが、歌えば歌うほど若返ります

その証拠を、本番でお見せします(*^^*)
ぴよ美52歳、歌いま~す♪  


Posted by ぴよ美 at 11:19Comments(0)練習

2018年05月14日

贅沢な一時

本日も先週に引き続き、会員の練習後、先生方の合わせ練習がありました(*^^*)
今日は違う先生だったので、勿論違う曲
贅沢です✨

練習の方は、今日を入れてあと2回
順調に仕上がっていると思います

本番に向けて頑張るぞ☆○(゜ο゜)o
  


Posted by ぴよ美 at 22:32Comments(0)練習

2018年05月07日

リハのリハ

本日の練習は、スプリングコンサート本番の小ホールにひな壇を作り、本番の立ち位置や動きの確認をしました

反響板を設置すると、声が前に飛んでいくので気持ちいいです(*^^*)

そして、会員の練習の後には、指導者の練習もありました
いつもは帰ってしまうのですが、ブログやFacebookでの宣伝をしたかったので、先生の演奏を聴かせてもらいました

いや~(≧▽≦)贅沢
練習とはいえ、オペラ歌手の生歌をタダで聞けるのも、会員特典です

その伴奏をするピアノの先生は、今年は初めての曲ばかりで大変と言いつつも、1~2週間で8割方弾きこなしていました

伴奏はどうしても合唱の影に隠れてしまいますが、私達はそんな伴奏に支えられています
先生なくして伊勢崎第九は成り立ちません(お世辞抜き)

コンサートでは、そのピアノソロも楽しみです
先生方の演奏を聴くだけでもお得ですよ(*^^*)
  


Posted by ぴよ美 at 23:44Comments(0)練習

2018年04月24日

コツ

昨日は月に1度のA先生のレッスンでした
A先生は曲そのものの指導の他、ボイストレーナーとして、基本的な声の出し方や体の使い方などを細かく指導して下さいます
保健体育の授業みたいで、面白いです(*^^*)

そんなA先生のレッスンで、昨日は又別な、具体的な歌い方のコツを教わりました

こちらは、某大御所演歌歌手のヒット曲を題材にしています

♪♪♪♪ ♪♪♪♪ ♪♪- ♪♪-♪---
こころが わすれた あの- ひと-も---

楽譜ではこのように、言葉1つ1つに音符が付いています
合唱になると、音符毎に言葉を言い直す感じに歌ってしまうので、歌にロボット感?宇宙人感?が出てしまいます

「ワレワレハ、ウチュウジンダ」的な

所が、大御所演歌歌手は、以下のように歌っているそうです

♪    ♪    ♪ - ♪ -♪---
こころが わすれた あの- ひと-も---

決して音符が無いわけではなく
「こ」「こ」「ろ」「が」
ではなく
「こころが」
という、言葉のまとまりとして歌っています

この様に歌う事によって、情緒的、叙情的に聞こえるようになります
(上手く説明出来てるかな)

私の説明では限界があるので、もっと詳しく聞いてみたいという方は、是非遊びに来てください
もっと面白い話が沢山聞けます(*^^*)
  


Posted by ぴよ美 at 13:02Comments(0)練習

2018年03月11日

年間費概要

会員募集を掲げておいて、細かな説明をしていなかったので、ザックリとまとめてみたいと思います

その1.絶対に必要な費用
①会費
今年は例年と違い、演奏会の日程が大幅に早まる為特例なのですが、月換算すると2,500円になります
会員には事前告知してありますが、いちなり年会費25,000円はちょっと厳しいですよね

そんな方は是非ご相談下さい
2回に分けて払うも良し、3回くらいに分けたい人もいるでしょう
但し、事務手続き担当者の負担緩和の為、出来れば月謝は勘弁してあげて下さい(^人^)
担当者も会員です
なるべく事務仕事を減らして練習してほしいので、その辺よろしくお願いします

②楽譜代
『ベーレンライター』版を使用しています
2,000円でお釣りが来ます
入会の際には、会費と共にお持ちください
※使い込んでて汚いのはご愛嬌


※③衣装
男性・・・黒の礼服、黒の靴、黒の蝶ネクタイ
女性・・・白の長袖ブラウス、黒のロングスカート、黒の靴

お持ちの方は問題ありません
男性は礼服なので、買うとすれば蝶ネクタイでしょうか?
女性のロングスカートは床すれすれの長さなので、合唱経験者でなければ買う事になりますが、この長さはなかなか市販されていません
会でも紹介出来ますが、1万円程掛かります

スカートの質やデザインに規定はありません
手芸店で生地を購入して作っても大丈夫です
そんな人がいたら私も作って欲しいです

本番までにご用意下さい


絶対に掛かる費用はこれだけです
その他諸々の費用に関しては、また後程
  


Posted by ぴよ美 at 15:12Comments(0)練習

2016年11月30日

舞台


今週は大ホールでの練習でした
私はこの空気感が好き❤

先週既に1回目の指揮者レッスンが行われました
マエストロが指摘した箇所をふまえ、来週2度目の指揮者レッスンまでに、マエストロを満足させる事が出来るのか?

もうひと踏ん張り❗
  


Posted by ぴよ美 at 14:04Comments(0)練習